株式会社リームス

住宅ローンの残債

競売手続きにより、強制的に物件が処分(換価)され、その落札金が住宅ローンなどの借入金額に満たなかった場合、その未払い金(残債)は支払い義務として債務者に厳然として残ります。

債権者としては、
●支払いを滞納し、かつ開き直っている債務者
●任意売却を勧めたにも関わらず、無視した債務者
●担保物件処分後も、残債について誠実な対処をしない債務者に対しては、競売に限らず様々な法的手段で債権を回収したいと考えます。

競売で安く落札されると、その残額も多額となります。
給与差し押えを防ぎ、他の財産を守るためには、債権者との対話を前提とした、任意売却でのより多くの返済が必要となります。

住宅ローン残債チャート
ご相談は0120-307-092へ