給料差押

債権者が裁判所に債権の差押命令を申し立てることによって開始されます。
手取りの3/4または33万円どちらか少ない額までが、差押え禁止となっていますが、税金の場合注意。