親族・知人へ任意売却をお考えの方へ

親子間、身内間で不動産を任意売却する方法

自身の所有している不動産を子供や親あるいは親族に購入してもらい、競売から家を守る方法です。

子供や親あるいは親族に購入してもらうことで将来的には家の権利を取り戻すことが出来る買戻しも可能です。

住宅ローンの融資を使って購入してもらう場合、融資をしてもらえる可能性が低いという難点があります。 しかし親子間や兄弟間、親戚間であっても担保不動産の売買は法律的には可能です。

メリット

  1. 継続して家に住むことが出来る。
  2. 将来的に買い戻せる可能性がある。
  3. 月々の支払いを減らす事が出来る可能性がある。

親子間売買のQ&A

  • 身内でも買主になることが可能なのでしょうか?
    • 買主が身内の場合、債務者から売却を原則として認められません。
      売却を認められても、高額な売却条件を提示されることがあります。なぜなら債務者から見て、適正価格で公正に取引しているか疑わしいためです。

  • 身内(特に売主と親子関係)が住宅ローンを使うことができるのでしょうか?
    • 身内(特に売主と親子関係)が住宅ローンを使おうとしても、申込を受付ける金融機関は限られます。

      銀行側から見て、本当に「住宅ローン=自宅を買うお金」として使用されるのか(陰で見えない金銭のやり取りがあるのでは?)という点で疑わしいと考えられます。大手銀行と融資の保証会社との間で結ばれる「保証委託契約」の条項の中には、買主が売主の親族と判明した場合は保証しないという取り決めがある場合もあります。

  • 税務上どのようなリスクが考えられるのでしょうか?
    • 実勢相場より低い金額で売買した場合、差額分が贈与として認定されるため、税務署から贈与税を追徴課税されることもあります。

  • 親子間売買を成功させるために

    銀行でのヒアリングや書類記入方法

    銀行相談窓口でのヒアリングや書類記入方法にはノウハウが必要です。リームスではこれまでの実績をもとに、銀行相談窓口や書類記入方法で必要なノウハウをお客様にご提案いたします。

    金融機関からの承認

    手当たり次第住宅ローンを申し込むと、あなたの情報が金融機関や信用情報機関に登録され、今後の住宅ローン審査に悪影響が出てしまうため禁物です。

    基本的には、金融機関3行までで承認を取らなければなりません。

    審査に通る住宅ローンの申し込み方法

    住宅ローン審査に合格するためには、周囲のあらゆる状況を把握し、過去の経験や実績をもとに、最近の金融情勢まで考えた上での対策が必要です。リームスでは過去の経験や実績と照らし合わせて、お客様にとって最適な住宅ローンの申し込み方法をご提案いたします。

    クリアすべき点が多い、親子間・親族間売買を成功させるために

    第三者への売却と違い、親子間・親族間の売買には様々なハードルがあります。

    リームスではご希望を実現するため、お客様・ご親族様の状況を把握し、これまでの経験を基に最適な取引をご提案いたします。

    融資可能な金融機関の紹介

    実勢相場を調査し、適正価格をご提案

    法律・税金に関する専門家のご紹介…等

      クリアするべき点が多い親子間売買についてご検討の方はリームスにご相談ください。過去の十数年の実績の中から、実例と比較しながら、お客様にとって最適なプランをご提案さえていただきます。

      東京近郊にお住まいの方、まずは無料相談をご利用ください。 任意売却の手続き、査定についてのご相談も承ります。

    お問合わせ

    ご質問・ご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

    0120307092

    Twitter

    事例紹介

    アクセス

    株式会社リームスへの
    ご相談・お問合わせはお気軽に

    TOP
    Copyright(C) 2007-2018, REEMS Corporation. All Rights Reserved.