任意売却時のお金の管理について

任意売却とは | 任意売却の利点 | 任意売却と競売の比較

競売申立前の任意売却 | 任意売却に必要な期間

任意売却に必要な費用 | 任意売却への成功の道


任意売却時のお金の管理について

住宅ローンの支払いが滞り、泣く泣く任意売却を選択するという方もいらっしゃると思います。 売却して得た利益はローンの支払いに充てることになるので、多少は滞納の解消に繋がりますが、完済に至るには程遠い場合も考えられます。 ここでは、任意売却時のお金の管理について、皆様にご案内させていただきます。

では、住宅ローンの滞納が続くとどのようになるでしょうか。

任意売却後の計画について

売却する前に、まずは任意売却後の家賃や生活費などを踏まえ、資金計画を立てるようにしましょう。 これは、必ず売却前に行うようにしてください。売却した後では、不測の事態に陥った時に対応が難しくなります。

売却までの間に資金を貯める

売却後に新たな生活を迎えるのですから、円滑に次のスタートを切るためにもある程度の貯蓄が必要になってきます。 新たな生活が始まる前に、お金は貯めておくようにしましょう。

何よりも生活を優先にする

固定資産税や健康保険料、住宅ローンなど支払うべきものは多々あるかもしれませんが、任意売却までは生活費を何よりも最優先にしましょう。 マンションの管理費や修繕積立金は、売却代金から控除することが可能なのでご安心ください。 以上の点を踏まえて、任意売却時のお金の管理を行ってみてください。

リームスの強みとして

任意売却や競売となると、当然ながらマイホームを手放すことになります。

しかし、せっかく手に入れたマイホームなのですから、出来るなら手放したくないのが本音だと思います。 そこでリームスでは、不動産の競売や差押さえ、またはその恐れのある不動産を買取らせていただいた後に、お客様と賃貸借契約を結んで家賃をお支払いいただく形をとり、そのままお客様 にお住みになっていただくという提案をいたします。

この提案のメリットとしては、一般的には競売になった場合、第三者へ売却して引っ越しを余儀なくされますが、リームスが購入することによりそのまま住み続けることができ、生活環境を変えずに住むことが出来るという点です。 また、この提案は小さなお子様がいらっしゃる家庭であれば、学区を変えずに住むことが出来ますし、世間体をあまり気にしないで住むことも出来ます。

これによって精神的ストレスも最小限に抑えることが出来ます。 次にこの提案のデメリットですが、家賃相場から見ると少々割高になること、建物の不具合等は自己負担になることが挙げられます。 メリット・デメリットをしっかりと把握したうえでご検討ください。

    リームスは、東京・神奈川・千葉・埼玉などのエリアを対応エリアとし、サービスをご提供しております。 無料相談・無料査定のサービスも行っておりますので、何か疑問等がございましたらお気軽にお問合わせください。 お客様にとっての最善策を導き出すプロだと自負しておりますので、必ずや皆様のお役に立ってみせます。

お問合わせ

ご質問・ご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

0120307092

Twitter

事例紹介

アクセス

株式会社リームスへの
ご相談・お問合わせはお気軽に

TOP
Copyright(C) 2007-2018, REEMS Corporation. All Rights Reserved.