株式会社リームス

任意売却に必要な費用

「任意売却」を行うにあたって、以下の諸費用がかかります。
  1. 仲介手数料
    リームスが買主を見つけ売買が成立した場合、正規の仲介手数料(400万円以上の取引の場合、売買金額の3%+6万円+消費税)が必要となります。
    ただし、事実上売買代金の中に含まれるため、お客様ご自身に別途ご準備いただくことはございません。
    リームスは任意売却が不成立になっても、着手金・調査費用・広告費等の名目の如何に問わず、報酬を請求することは一切ありません。
  2. 抵当権抹消登記費用
    売買成立の場合、抵当権の抹消登記費用は売主の負担となります。
    ただし、この費用も売買代金の中に含まれるため、別途ご準備の必要はありません。
    (注)債権者によっては、一部費用(仮差押解除費用、印紙代等)について売買代金に含むことを認めない場合があります。
  3. 競売取下げ費用
    一般的に売買代金に含められます。
    金融機関により、売買代金に含めることを認めない場合が有ります。
    競売の取り下げにあたり、数千円程度の印紙代(+司法書士の手数料)が必要となります。
  4. (マンションの)滞納管理費など
    こちらも基本的には売買代金に含めることが可能です。
    ただし、債権者によっては一部の費用(駐車場代、遅延損害金等)について売買代金に含めることを認めない場合があるため、リームスは管理組合とも交渉します。
  5. (事案により)測量費、預り敷金、賃借人退去費用
    債権者によっては、売買代金に含めることを認められない費用があります。
    リームスでは、個々の事案により売買代金以外に必要になる費用をあらかじめ予測し、お客様に別途費用をご準備いただかなくて済むような取引を目指しております。
  6. 印鑑証明書、住民票等取得費用
    売買成立の場合、ご本人様としての証明書取得費用のご負担が必要です。
  7. 引越費用
    一般的に債権者が売買代金から売主の引越し費用として認める金額は、10万円~30万円と言われております(取引価格・債権者による)。
ご相談は0120-307-092へ