株式会社リームス
住宅ローンの見直し方について

住宅を購入する時には、ほとんどの方が住宅ローンを組んで住宅を購入すると思います。
住宅ローンは、そのほとんどが口座引き落としの仕組みが導入されているので、自動的に返済を済ませてくれる便利なものと認識している方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、住宅ローンは借金の一種なので、一歩間違えると取り返しのつかないことに成りかねません。
ローンを組んでいるのに現状を把握していないという方は、すぐに現状把握に努めるようにしてください。

なぜなら、現状を把握することによって新たな問題が見えてくる可能性がありますし、もっと自分に適した返済プランが見つかる可能性もあるからです。
ここでは、そんな住宅ローンの見直し方について考えてみたいと思います。

返済年数を把握する

住宅ローンは長期にわたって返済するものです。
今自分が組んでいる住宅ローンは、定年退職に至るまで完済することは可能でしょうか?
定年退職をしてしまうと、当然ながら収入が大幅に減るので、返済も困難になってしまう可能性があります。
必ずしも定年までに終えることが正しいとはいえませんが、こういったリスクを避けるのも手段の一つです。

本当に適しているローンなのか考える

住宅ローンの見直し方について 時代の変遷とともに、住宅ローン商品も目まぐるしい変化を遂げております。
変動金利型のものや固定金利型のものなど、その形態は多岐にわたります。
自分が今組んでいる住宅ローンが適していないと感じるのであれば、別の住宅ローンに目を向けてみましょう。
そうすることによって、自分に一番適した住宅ローン商品が見つかるかもしれません。


東京都内で住宅ローンを組んでいる方は、一度上記の項目を参考にローンの見直しをしてみてください。
もし、見直しをした段階で何かお困りごとがございましたら、リームスへご相談ください。

リームスでは、住宅ローンに関する無料相談を受け付けておりますので、お客様は費用を気にすることなく相談が出来ます。
返済や滞納に関する相談など何でも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

ご相談は0120-307-092へ