株式会社リームス
消費者金融が住宅ローンに及ぼす影響

家を買うというのは、人生においても大きな買い物です。
コツコツ貯金をしても、家を買うだけのお金はなかなか貯まりません。
一括で支払いができる人はそう多くはないと思います。
そこで通常は、住宅ローンを組んで購入することになります。
住宅ローンは、ほとんどの方にとって人生で一番の借り入れとなるでしょう。
金額が大きいだけに、審査もかなり厳しいです。
そこで思わぬ落とし穴となるのが消費者金融です。

審査に影響があることも

審査において、銀行が最も気にしているのが「ちゃんと返してもらえるのか」ということです。
そのために年齢や収入などの基準がありますが、他の借金を返済中であるかどうかもチェックされます。
借金があるからといって駄目というわけではありませんが、借金と同時にローンを返済していかなければならないため、生活が苦しくなる可能性もあります。

過去に利用していた場合

「過去に消費者金融を利用していたら審査に落ちる」という話もありますが、既に返済が終わって滞納していないのであれば、住宅ローンの返済に支障はありませんから、審査が通らないということはありません。
どのような影響があるかどうかは、金融機関次第です。
少しでも審査に通りやすくするためには、消費者金融からの借り入れは、きっちり返しておいたほうが良いでしょう。

一度滞納したことがある場合

既に借金は返済しているものの、一度滞納してしまったことがある場合、その影響はあるのでしょうか。
一般的に、滞納の情報は5年記録が残ります。
情報が残っている場合には、住宅ローンの審査に影響が出る可能性もあります。
自己破産をしたことがある場合は、さらにマイナスの評価を受けるおそれもあります。

ローン返済のために、消費者金融からお金を借りるのはやめましょう。
消費者金融に頼ろうと思っている時点で、返済計画が破綻する可能性は高くなっています。
リームスでは東京都市圏を中心に、住宅ローンに関するご相談を承っています。
無料相談を行っておりますので、費用を気にせずご利用いただけます。

ご相談は0120-307-092へ