株式会社リームス

住宅ローンが払えないという方は【リームス】へ(競売の対策を手厚くサポート)~買主が知人の場合と第3者の場合の違い~

住宅ローンが払えない場合は【リームス】へお問い合わせください
~競売の対策を手厚くサポートいたします~

住宅ローンが払えない場合は【リームス】へお問い合わせください~競売の対策を手厚くサポートいたします~

住宅ローン払えないという状況にお困りではないでしょうか。
不動産取引のプロである【リームス】は、プロの視点からお客様の現状に適したアドバイスをさせて頂き、リースバックなどをサポートいたします。

ご相談につきましては無料にて対応しておりますので、競売にかけられる前に対策を行いたい、リースバックを行いたいという方は、ぜひご連絡ください。

住宅ローンが払えないという方は【リームス】へ~豊富な実績を活かし徹底サポート!~

住宅ローンが払えないという方は【リームス】へ~豊富な実績を活かし徹底サポート!~

住宅ローンが払えないという苦しい状況から脱却するためには、一刻も早く打開策を講じる必要があります。住宅ローンの返済にお悩みの方は、ぜひ【リームス】へご連絡ください。

【リームス】は不動産取引のプロとして、これまで多くの任意売却・リースバックに携わってまいりました。これまでの豊富な実績や過去の事例を踏まえ、お客様を徹底サポートいたします。

リースバックの買主が知人の場合と第3者の場合で異なる点

住宅ローンの支払いが苦しくなった際の対策として、リースバックがあります。そのリースバックを行うにあたり、知人に売却する場合と第3者へ売却する場合では、いくつか違いがあります。

●知人が買主だと条件の取り決めがスムーズになる

リースバックは、住宅を売却し、買主と賃貸借契約を結ぶことで引き続き同じ家に住むというものです。買主が第3者の場合、賃貸借契約の内容について交渉する際、遠慮して自分の要望を自由に伝えることができない方がほとんどでしょう。親しい間柄の知人が買主であれば、家賃の条件等の取り決めをスムーズに進めることができます。さらに、家賃の支払いが難しくなった場合でも気軽に相談することができます。

●買戻しの交渉のしやすさ

リースバックを選択する方の中には、経済的に余裕ができたら家を買戻したいと願っている方もいらっしゃるでしょう。そんな場合でも、知人が買主であれば売却時に買戻しの意思があることを伝え、交渉することができます。買主が第3者でも買戻しの交渉をすることは可能ですが、せっかく取得した不動産を再び売却することに対して難色を示す可能性もあるため、やはり知人の方が交渉しやすいと言えます。

知人と第3者では上記のような違いがありますが、【リームス】はお客様と強い信頼関係を築きながらご満足いただける対応を心がけておりますので、安心してご相談ください。お客様の悩みや不安をお伺いし、経済的事情を最優先したサポートを実施いたします。

お役立ちコラム

住宅ローンが払えない状況にお困りなら【リームス】

名称 株式会社リームス
所在地 〒105-0003
東京都港区西新橋1-9-10 柏原ビル3階
電話番号 03-3506-1010
URL http://reems.jp
ご相談は0120-307-092へ