株式会社リームス

差押(税の滞納)になる前に【リームス】へ(リースバックなどの手段を提案し解決に導きます)~抵当権・税による差押はどちらが優先されるか?~

差押(税の滞納による)になる前に【リームス】へ
~リースバックなどの手段を以って解決に導きます~

差押(税の滞納による)になる前に【リームス】へ~リースバックなどの手段を以って解決に導きます~

差押の滞納など)になる前に、ぜひ【リームス】へご相談ください。

リースバックなどの手段を提案・サポートすることで、お客様のお悩みを解決に導きます。住宅ローンや税の滞納が続くと、いつ差押の通知が届くか分からないものです。

家族が安心して生活していくためにも、住宅ローンの支払いに不安を感じた時点で【リームス】へご相談ください。これまでに培った知識・経験・実績を遺憾なく発揮し、お客様を手厚くサポートいたします。

差押(税の滞納)になる前の対策をお考えなら【リームス】へ
~お客様の状況に応じて柔軟に対応~

差押(税の滞納)になる前の対策をお考えなら【リームス】へ~お客様の状況に応じて柔軟に対応~

差押(税の滞納)になりそうとお悩みの方は、ぜひ【リームス】へご相談ください。リースバックの専門業者として経験豊富な【リームス】は、お客様の状況に応じて柔軟にサポートしてまいります。

ご自宅を維持したい、多くの債務を返済しながら任意売却を進めたい、親族間でリースバックを行いたいとお考えの方は、ぜひ【リームス】へご相談ください。

抵当権・税による差押はどちらが優先される?

税や住宅ローンを滞納してしまうと、最終的には不動産の差押などの処置がとられます。すなわち、税と住宅ローンの滞納が続くと両方から差押が行われるのですが、どちらの差押が優先されるのでしょうか。

●どちらが優先されるかはケースバイケース

国税徴収法第16条では「納税者が国税の法定納期限等以前にその財産上に抵当権を設定しているときは、その国税は、その換価代金につき、その抵当権により担保される債権に次いで徴収する」と規定されています。つまり、抵当権の「設定登記日」と税の「法定納期限」を比較したとき、前者が早ければ抵当権が優先され、後者が早ければ税による差押が優先されるのです。

●税金や健康保険等の滞納額によっては任意売却ができないことも

不動産を所有する方が支払わなければならない固定資産税、健康保険などを滞納して差押になった場合、滞納した額だけでなく延滞金を含む全額を支払わなければ解除されません。また、税金や健康保険、管理費等の滞納額が住宅の実勢価格の6%以上になってしまうと、任意売却が不可能になる可能性が高まるため、注意が必要です。

お役立ちコラム

税の差押に関する相談なら【リームス】

名称 株式会社リームス
所在地 〒105-0003
東京都港区西新橋1-9-10 柏原ビル3階
電話番号 03-3506-1010
URL http://reems.jp
ご相談は0120-307-092へ