株式会社リームス

差押(税・住宅ローンの滞納)される前に【リームス】へご相談を(融資を受けている住宅の任意売却などをサポート)~自己破産するとどうなるのか?~

差押(税・住宅ローンの滞納)が行われる前に【リームス】へ
~融資を受けている住宅の任意売却などを徹底サポートいたします~

差押(税・住宅ローンの滞納)が行われる前に【リームス】へ~融資を受けている住宅の任意売却などを徹底サポートいたします~

差押・住宅ローンの滞納)の前に対策を打ちたいとお考えの方は、ぜひ【リームス】へご相談ください。

【リームス】は融資を受けている住宅の任意売却などをサポートしており、ご相談につきましては無料にて承っております。また、ご相談の際は専門のスタッフがお客様の現状に適したアドバイスをいたしておりますので、「今何をすれば良いのか」を把握することができます。

お問い合わせは、お電話はもちろん専用のフォームからも可能です。お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

差押(税・住宅ローンの滞納)に悩む前に【リームス】へご相談を

差押(税・住宅ローンの滞納)に悩む前に【リームス】へご相談を

差押(税・住宅ローンの滞納)で悩む前に、早めに【リームス】へご相談ください。税の滞納額が大きくなると、任意売却が困難になってしまいます。

誰にも相談せずに滞納を続けると、財産が差押になったうえに任意売却もできなくなった、という状況に陥ることも考えられます。【リームス】は、任意売却の経験・実績豊富な不動産取引のプロです。税金やローンの支払いに不安を感じた時点でご相談いただければ、様々な対策をご提案することができ、差押も防げます。

任意売却を通して再出発を図りたい、税や住宅ローンの滞納が続いて困っているという方は、ぜひご相談ください。

自己破産するとどうなってしまう?

住宅ローンの返済が困難になり自己破産という道を選ぶ方は少なくありません。「自己破産」と聞くと「怖い」というイメージがあるかもしれませんが、自己破産は借金の返済が困難な方を救済するために設けられた、国の立派な制度のひとつです。最低限の生活が保障されるのはもちろん、一定の期間を経れば新たに住宅や車のローンを組むことができます。どうしても借金の返済が困難な場合は、視野に入れてみることで良い結果に繋がるかもしれません。

●自己破産と任意売却

自己破産をする場合、任意売却の後に自己破産の手続きを進めることをおすすめします。なぜなら、不動産を所有している状態で自己破産をすると手続きにかかる期間が長くなり、費用も高くなってしまうためです。任意売却をした後であれば、安い費用で手続きがスムーズに進められ、引越し費用の捻出も容易になります。

●自己破産をしても再び住宅ローンを組むことは可能

自己破産をすると信用情報機関にそのデータが残るため、住宅ローンの申し込みをしても審査は通りません。しかし、この情報は5~10年で抹消されるため、抹消後であれば再び住宅ローンを組むことは可能です。ただし、自己破産した方の年齢やその後の経済状況によっては審査が通らないこともあるので、事前にローンを申し込む際の条件を確認する必要があります。

お役立ちコラム

税の差押に関する相談なら【リームス】

名称 株式会社リームス
所在地 〒105-0003
東京都港区西新橋1-9-10 柏原ビル3階
電話番号 03-3506-1010
URL http://reems.jp
ご相談は0120-307-092へ